医学部受験合格勉強法

医学部志望者の受験勉強に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生物考察問題というもの



今回は考察問題について考えてみます。

これは、生物に限らず、使えることだと思うので読んでみてください。

ここからは、たーーーの日常をつづった、医学生日記(考える力)に書いた記事を紹介します。

さて、突然ですが問題です。

といっても、そんなに身構えずに考えてみてください。

問題;ある生物XにAを与えたところ生物Xは急速に成長をした。Aはどんな物質でしょうか?


まず多くの皆さんが思いつく答えは、Aは生物Xに直接作用し、細胞分裂を促進する物質である
といったところでしょうか。



しかし、ほかにもいろいろな可能性が考えられます。


Aは細胞分裂を起こす物質Bの反応の酵素(生体触媒)であり、細胞分裂が促進したという見解もあります。


また、Aは、細胞分裂を抑制する物質Cを阻害する物質であり、結果、細胞分裂が促進したという見解もあります。

また、Aは生体内で受容体に結合し、細胞分裂を促進する物質を放出させたのかもしれません。



いくらでも、Aについての可能性を考えることができます。



得られた結果に対して、いろいろな見方をするというのは、大切な姿勢であるかと思います。

本来、人が学ぶということは、この何で、どうして、という基本的なものが前提にあります。

そして、研究はまさにこの何でどうしてを探求していくものです。


生物の試験の考察問題はこのプロセスの逆をたどります。
問題文の様々な結果が、答えを絞っていく条件となり、最終的にAの作用が特定されるわけです。



ただ、研究で使う様々な可能性を考えるプロセスは、生物の考察問題で大いに役立ちます。

条件を読んでいく中でその、可能性が一つずつ消えていき、
問題文の条件で否定できないものが、答え(結論)となるわけです。


そして、様々な可能性を考えることは将来の医学の勉強、そして医師になってからも役立ちます。
(これは、医者に限らず、すべての仕事について言えることだと思いますが)

例えば、胃潰瘍という病気がありますが、これに対する治療はいろいろなアプローチがあるのです。

胃酸は酸性なので、塩基性の薬で中和する方法や、胃粘膜を作る薬や、プロトン(水素イオン)ポンプを抑制するなど様々なアプローチがあります。

また、上の例は内科的な方法ですが、外科でも、ひとつの状態に対して様々な治療法があります。




受験勉強は時間との兼ね合いで、何で、どうしてと必要最低限以上に深くまで考えると先に進まずに
失敗してしまいます。なかなか、受験勉強では、ある程度の理解をしたら、そういうものなのだと割り切って覚えたほうが受験においては成功します。

なので、受験勉強の合間や、自分の好きな時間ができたときに、何で、どうして、と様々な可能性を探求してみるのもよいのかと思います。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/08(土) 10:37:13|
  2. 生物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理科を勉強しよー(生物編)


今日は生物について書きます。

生物は考察問題をいかにしてとるかというところで点数が変わります。
医学部に合格するには、理科科目はきっちり取っていかなければなりません。

しかしきちんと段階を追えばだれでも点数がとれるようになります。

考察問題はセンスを要するとかいう人がいますが、たーーーーーに言わせてみればそれは、
まだまだ考察問題ときちんと向き合っていない人です。
研究は未知のものを考察していくといった過程なので、その人の考察センスが左右してくると思いますが、
受験に出される問題は、すでに答えが出されたしかも範囲の決められた内容からの考察問題です


つまり、きちんと基礎知識を身につければだいたいの応用問題は解けるようになっています

そこで第一ステップとしてこの応用問題を解くための道具となる基礎知識を入れることから始まります。

まずは、夏休みまでに
パワーUP版 センター試験 生物Iの点数が面白いほどとれる本
大学入試 山川喜輝の 生物IIが面白いほどわかる本
を読み、テーマごとの内容や用語を理解してください。

まずは、わからなくてもよいので(理解する努力はすること)一回すべて読み終えます。

二回目以降は、内容を理解し、出てきた生物用語を覚える。

生物用語は、上の本を二回目に読むときと並行して
最新 一問一答 まる覚え生物Ⅰ (合格文庫)
最新 一問一答 まる覚え生物Ⅱ (合格文庫)をやります。

このまる覚えの使い方ですが、とにかく反復するということです。

以前理科を勉強しよー(生物編)にも書きましたが、
たーーーーは予備校に行く電車の中でも、勉強の休憩合間に横になってみたりと空いた時間を使って
何度も反復しました。

面白いほど点数がとれるとまる覚えの両方をやると受験生物での基本問題はまず落とすことはないです。

実は、浪人が決まった時たーーーーーーーーは独学で生物を学ぶことにしました。

最初は生物の覚えなければいけないことがたくさんあり、大変だと思いましたが、
一度覚えてしまうとセンターでは8割5分を切ることはありませんでした(本番は100点でした)し、
二次試験でさえもほかの受験生に10点くらいは差をつけていた位でした。

ホントはじめは地獄のように思えました。
ホルモンひとつとっても、チロキシンってなんだっけとか、解糖系ってどこで行われているんだっけ
とかこんなレベルでした。
しかし、きっちりテーマごとに順を追って体系立てて覚えることで一つ一つの知識がたがいに結びつき、
確固たる自信になりました。

ちなみに、医学部の授業は2か月位で、受験生物でやる量をはるかに超えますよ(涙)。


話を戻します。
この基本的な内容(上の例でいえば、視床下部は甲状腺ホルモン刺激ホルモン放出ホルモンを
脳下垂体前葉から甲状腺刺激ホルモンを、甲状腺からはチロキシンをだす。そしてチロキシンは視床下部に働きかけ、負のフィードバックがおこる。これによって生体のホメオスタシスが保たれているといった感じ)を理解したら
生物1問題集合格139問 (大学受験Vブックス 演習編)
生物2問題集合格133問 (大学受験Vブックス 演習編)をやっていきます。
これらは実際の二次試験に出される問題です。
何度も解いていくうちに問題の問われ方がわかってくると思います。

まずは夏休みまでに基本的な内容を理解しておけばOKです。
(チロキシンって何と言われたら、脳下垂体前葉から刺激ホルモンが出され、甲状腺からチロキシンがでる。
これは視床下部に負のフィードバックをするんだったなと一通りの重要なことが言える状態です)

夏休み以降に生物1問題集合格139問 (大学受験Vブックス 演習編)
生物2問題集合格133問 (大学受験Vブックス 演習編)をできるようにすれば十分です。











では、たーーーーーーーも勉強頑張るので、みなさんも努力あるのみです。


  1. 2012/05/21(月) 21:26:34|
  2. 生物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

理科を準備しよー(生物編)

すみません。更新遅れました。

では、生物について書きたいと思います。

みなさん着実に医学部に近づいていますよ。


これも化学とスタンスは一緒です。

センター試験と二次試験を分けて勉強するなということです。

たーーーーーーーーーーは独学で生物を学びましたが、センター試験では見事100点を取りました。

では、理科全般に言えることですが、高得点を取るコツを書いていきます。

次の二つです。

1 基本用語を覚え、自分で説明できる

2 基本用語で身につけた知識を生かして、応用問題や考察問題を解く

これだけです。

では1を身に着けるにはどうすればよいか

最新 一問一答 まる覚え生物Ⅰ (合格文庫)

最新 一問一答 まる覚え生物Ⅱ (合格文庫)

がおすすめです。




私の場合、予備校に行く電車の時間15分の間に何度も繰り返しました。

コツは、ただ用語を覚えるのではなくて、その用語の意味することを自分で説明できるということが重要です。

例えば、ミトコンドリアという言葉を覚えたとしたら、そのはたらきを説明できないといけません。

すると、好気呼吸であったり、異化という用語も出てくるはずです。

つまり、生物用語は単独で存在するものでなく、互いに関係しあっているのです。

この生物用語ネットワークを広げた人は考察問題や応用問題に強いです。



次に応用問題、考察問題対策について書いていきます。

生物の応用問題や考察問題は生物用語を覚える際に身に着けた基礎知識を駆使して解いていきます。

応用問題は基礎知識の組み合わせによって作られますので、無数に問題を作ることができます。

しかし、入試に出るパターンというのはほぼ決まっています。

毎年いやらしい問題を出す一部私立医学部でさえこのパターンを身につければ、十分合格点に達します。

では何をやればよいか。


生物1問題集合格139問 (大学受験Vブックス 演習編)

生物2問題集合格133問 (大学受験Vブックス 演習編)
がおすすめです。

今多くの受験生に使われている問題集です。




ただ、田部の問題集はお勧めですが、参考書は

パワーUP版 センター試験 生物Iの点数が面白いほどとれる本

大学入試 山川喜輝の 生物IIが面白いほどわかる本





を使ってください。

基本的な進め方としては、まず基本用語を覚え説明できるようにする。

次に田部の問題集を解きつつ、面白いほどわかるシリーズで補強していくという形です。

基本用語を覚えている際に、面白いほどわかるシリーズで理解を深めるというのも効果的です。





次は物理についてじゅんびしていきましょーー



  1. 2011/07/31(日) 11:31:27|
  2. 生物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。