医学部受験合格勉強法

医学部志望者の受験勉強に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理科を武器にしよー(化学編)

今までは英語と数学に重点を置いて書いてきましたが、

今回は短期間で実力をグンとあげられる化学についてです。

以前、理科を準備しましょー(化学編)で紹介しましたが、セミナー化学 1+2の内容を自分のものにできたでしょうか。

セミナー化学 1+2の問題どれを出されても自分で解説ができるようになれば、
受験本番では、医学部の化学において合格点以上は取れます

まだやっていない人は、理科を準備しましょー(化学編)理科を勉強しよー(化学編)を参考にぜひセミナー化学 1+2をやってください。


ここからは、セミナー化学 1+2を本当に完璧にしたという人だけに一つの問題集を紹介します。

あらかじめ注意しておきますが、セミナー化学 1+2を消化不良にしてほしくないので、まだ完璧でない人はセミナー化学 1+2をやってください。これだけで十分合格できます。




さあ、これだけ注意したので本題に戻ります。

今回紹介するのは受験化学でやるとしたら、ホントに最後の段階の問題集です。

その名も、実戦化学1・2重要問題集 2012年です。(以前名前をちょっとだけ書きましたが)




これができれば、まず受験本番ではお釣りが来ますし、基本的な問題を出す大学(結構の医学部がそうです)では満点も目指せるようなレベルに達します。

セミナーと何が違うのかというと、収録れている問題の形式は同じなのですが、、実戦化学1・2重要問題集 2012年は問題を解くための条件がひねってあり、かつ数字が割り切れなく計算も難しいことが多いです。

わかりにくいと思うので、例を挙げます。

セミナーでは電池と電気分解の範囲において電池は一個であったり、もしくは直列か並列で問題が出題されています。

しかし、実戦化学1・2重要問題集 2012年では、電池は直列と並列両方が入った回路であったり、実際に出されたら点差がつくマンガン電池での出題であったりと条件が難しくなっています。


つまり、一度触れておくと、受験本番で出会った時に点差がつくであろう問題をできるようにしようではないかというのが、実戦化学1・2重要問題集 2012年をやる理由です。


セミナーが完璧という自負がある人は、一度やってみてもよいかと思います。



スポンサーサイト
  1. 2012/10/27(土) 01:41:54|
  2. 化学
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。