医学部受験合格勉強法

医学部志望者の受験勉強に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

数学を勉強しよー

では、実際に勉強方法を書いていきたいと思います。

皆さんチャートを持っていることを前提に話を進めていきます。
まだ準備できていない人は、数学を準備しよーを参照してください。

チャートの進め方ですが、テーマ毎に例題を解いていく流れになります。
基本的には、前から解き進めていくこととなります。

ここでポイント

一つ目は各テーマを10日-12日で終わらせるということです。
3か月で終わらせることで、数学の基本的能力が身についている状態にして、
夏休みに大きな数学の成長が見込めます。
各テーマの問題数を10で割って、一日のやる問題数を決めてください。

二つ目は例題の解き方です。まずは解答を見ずに例題を解きます。

ここで、解答を見ずに自分ですらすら解けた例題に対しては、例題番号の横に〇をつけます。

わからない例題は、3-10分考えそれでもわからないときは、解答を見て覚えます。
この際、例題番号の横には、△をつけます。
ここで覚えるというのは、解答の流れを覚えるということです。
要するに、この問題に対してこういったとき方をするのかといったプロセスやパターンをしみつけるといった作業です。実は、受験数学で一番重要なのはここです。
東大の数学は、ある程度のひらめきを要しますが、医学部の数学は、ひらめきというよりもむしろこのプロセスやパターンの組み合わせを多く持っているということが大事です。
そして、△の付いた例題は、次の日(できれば朝が望ましい)にもう一度解きます。
解けたら何も書かず、できなかったら番号の横に×をつけます。罰の付いた例題はその週の土曜日、日曜日にもう一度解きます。また出来なければ番号の横に×をつけます。


これを夏休みまで続けて、チャート一冊を終わらせてください。

で、夏に×や△を重点的に復習をします。+学校や予備校で数学の応用をやっていくことになると思います。
夏休みにはぐんと実力がついたのを実感できる人もいるかと思います。


この方法は、最初の一回目はすごく大変です。しかし、二回目、三回目は、〇×△が付いているので
やる問題数も減ってきます。最終的には全部〇になるのが望ましいです。


数学ⅡB、ⅢCも同じ進め方です。

  1. 2012/05/09(水) 23:57:16|
  2. 数学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<国語を準備しよー(古文・漢文編) | ホーム | 数学Ⅰ・A 注意点>>

コメント

再会されること切にきたいしてます
  1. 2012/02/10(金) 00:33:54 |
  2. URL |
  3. ヤマさん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

たーさんはチャートをおすすめしているようですが、フォーカスアップではだめでしょうか?

  1. 2014/01/23(木) 17:18:16 |
  2. URL |
  3. りっく #-
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは

りっくさんへ

フォーカスアップは、黄色のチャートと同じくらいであると思います。

フォーカスアップすべての内容を把握していないので、どこまで網羅できているかわからないのですが、
使うとするならば、黄色チャートの代替といった形になると思います。


たーーーが、黄色(青チャート)を勧めているのは、入試問題を解くための数学的な解法を身に着けるためです。
つまり、チャートは解くための道具と言えます。

チャートは、解法が限られているといったことをよく指摘されますが、

医学部受験では、東大の受験と異なり、いわゆる、ひらめきというものよりも、典型的なパターンを瞬時に把握し、多少複雑な計算になっても、こなすといった力が求められます。

そういった、意味でもたーーーは、解法が限られていても、この時はこの解法であるということが明確なチャートを勧めているわけです。



フォーカスアップ自体は悪いものではないと思います。

ただ、もし、フォーカスアップを使うのであれば、どういった解法を習得しようとしているのかを常に考えて
進めて行ってください
  1. 2014/01/24(金) 19:28:14 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

一年しかない浪人生なら3ヶ月で3冊チャートをこなさなければならないという事ですか?
  1. 2014/02/27(木) 09:11:22 |
  2. URL |
  3. むむ #dfsFvJus
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

むむさんへ

チャートの目安としては、夏休みの始め位までをめどに、数学の基礎を固め、数学の入試問題を解く手段(解法)を身に着けることを目指します。

そして、夏休みは予備校のテキストや一つ上の問題集を解くことになりますが、その時にチャートで身に着けた解法を実際の問題でどのように使っているのか、実際に自分で使うことができるのかといったことを学んでいきます。早い人だと夏休みの中盤から終わりにかけて自分が成長しているのがわかります。秋以降に伸びる人もいますし、冬まで徐々に伸び続ける人もいます。



なので、むむさんのいうように、4月から始めれば3か月で少なくとも一周はしておくのがよいかと思います。

3か月では無理と思われるかもしれませんが、毎日数問解き続けることで、一周は終わらせることができますし、2週目以降は〇の付いた問題はやらなくていいので案外終わるものです。

ですが、大事なのはどれだけ時間をかけたのかではなくて、やったことをきちんと理解して身に着けたかなので、あまり早く終わらせずに1周目は特にわからないと思ったことは先生に聞くなどをして解消しながら進んでください。

最後に、チャートは、量が多く好まない人がいるのも確かです。チャート以外の問題集をやって基礎力をつける人もいます。ですが、チャートをきちんとこなせば入試問題を解く際に、確立した解き方というものが自分でできるようになってきます。

予備校のテキストとチャート、どちらも中途半端になるのが一番よくないので、どっちつかずにならないように勉強を続けてくださいね。
  1. 2014/03/02(日) 10:08:40 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

黄チャートの今数Aをやっているんですが、ふと思いついて数Ⅰの方を見てみると、解法を忘れてしまっているものが結構ありました汗(割としっかりやっていたんですが)、一通り終わって復習に入るときにスムーズに進められるようにしたいので、とりあえず数2・Bに入ったら数Ⅰ・Aのほうの例題の解答を空いた時間や寝る前に理解しながら書いたりせずに読んでいこうと思ったのですが、これだけでも効果はありますでしょうか?
  1. 2014/03/11(火) 01:13:13 |
  2. URL |
  3. ZDFG #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ZDFGさんへ

チャートは、量が多いので、忘れてしまうということは良くあることです。

さて、書いたりせずに、頭の中で考えて行うのは、たーーーも単語を覚える時にしていました。
一方で、数学にはあまり適していないように感じます。

というのも、数学は、理解できるという力のほかに、計算ができるという力もないと点数に結びつかないためです。計算の練習もかねてきちんとその都度、書いて計算するのが必要だと思います。

解法の流れだけならば、横になり、頭で考えて、こういう流れなのだと思い浮かべるだけでも効果があると思いますが、計算が絡んで来たり、実際に手を動かすと別の考え方が見えてくることもあるので、数学ではきちんと書いて解くのがよいのではないでしょうか


また、実際に書いて、問題を解くと、頭で考えただけの時は分かっていたと思っていたことも、実はわかっていなかったということに気づきます。

そのためにも、しっかりと書いて、出力作業をするのがよいかと思います。


その際は、ただ、書けばいいのではなく、きちんと理解をしているということを大切にして復習をしてくださいね


  1. 2014/03/13(木) 16:11:30 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

返信ありがとございます。出来ればしっかりとき直したいのですが、今現在数ⅡBのほうで結構きつい状態なので、自分がほぼ忘れていて計算などが複雑そうな問題のみをしっかり書いて解き直していくという形でもいいでしょうか?どちらにしろ一通り終わったらすべてしっかりとき直していきます。
  1. 2014/03/14(金) 00:00:55 |
  2. URL |
  3. ZDFG #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ZDFGさんへ

良いと思いますよ。

何事も完璧にしようとするとうまくいかないので、ある程度できたらという姿勢も大事だと思います。


ただ、甘くしすぎてもだめなので、そこは程良い加減を見極めて、勉強を続けてくださいね。
  1. 2014/03/14(金) 22:27:18 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。
数学の勉強法について調べていたらたーーーさんのブログに辿り着きました。

いきなりなのですが、私は数学がとても苦手なんです。
高1の冬に医師という職業を意識し始め、苦手な数学を頑張らねばと思い高2は学校で微積(の応用ではないですが)を頑張りました。そのおかげでそこの分野だけは人並みにできるのですが、それまで数学の勉強をおろそかにしていたので、1A2Bの問題が全くできません。模試だと大問は(1)(2)までしか完答できたことがありません。2月の模試の数学ではなんと文系含めた校内平均で下から2番目でした。
そこで1月からFocus Goldというチャート的な参考書を頭から解き始めたのですが、今のペースで行くと6月中旬位に終わりそうです。(たーーさんの教えて下さっているペースと並行して進めたかったけれどなんせこのブログを見つけたのがおとといなもので><;)
塾の化学の先生が「英数は8月中に区切りをつけて、夏休み明けからは理科に勉強時間の35%位ずつ割けれるといい」と言っているのでなるべくそうしたいのですが、この数学の解法を覚えるのを7月に終えれたとしても、やはり直前まで毎日半分くらい数学に費やさなければ数学を武器にするのは難しいのでしょうか…?焦ってないで勉強するのみ、というのは分かっているのですが、どうしても不安で…。

またどうしようもない相談で申し訳ないのですが、今現在医学部を第一志望におきながら東大理Ⅰも視野に入れています。この時期になってどちらか一方に絞らずに勉強していくのは、危険なのでしょうか?
  1. 2014/04/11(金) 00:22:02 |
  2. URL |
  3. ぴこ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ぴこさん、返信遅れてすみません。

たーーーは、英単語、英語長文と数学は毎日継続してやっていました。それに、日替わりで、ほかの教科を組み合わせるような形です。

やはり、受験で主要になってくるのは、英語と数学なので、数学に多く時間を割くのは仕方ないことだと思います。無理に、数学の時間を少なくして、数学をおろそかにするのはとてもよくないことだと思います。

自分はどの段階で躓いているのかをそれぞれの数学のテーマ内で考えて、できなかったことをできるようにしていけば、着実に数学の実力はついてきます。なので、数学は背伸びをせずに、きちんとゆっくりでもいいので進めて行ってほしいと思います。


それと、たーーーの高校の同級生でも東大と医学部を悩んでいる人がいました。

医学部は、頻出の問題を、時間内にきちんと解くということが求められており、
東大は、基本事項を基にある程度の発想力を要さないと解けない問題があるというようなイメージがあります。

なので、医学部の勉強としては、受験に頻出の問題のパターンを理解して、入試本番でそれを出力できるということが大事となってきます。一方、東大は、公式や基本的な概念から、解法を発想するという力が必要となってくることがあるので、そういったトレーニングも必要かと思います。

両者、受験では難関と言われていますが、性質は異なるとたーーーは思っているので、もし、どちらかに絞れないのでしたら、そのことを念頭に置いて勉強するといいと思います。

  1. 2014/04/17(木) 22:45:26 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/10/28(火) 23:30:12 |
  2. |
  3. - #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

質問を出さった方へ

数学は復習していましたよ。
一周目は特に、大体の目安をつけてやりました。2周目もある程度終わらせる機関を考えてやりましたが、一周目よりも丁寧にやったので、多少目安よりも遅くなりました。その後は、その都度やるといった感じです。

理科や国語についてですが、もう一つ質問されているほうを参考にしてください。

参考書は、浪人の時に新しく買ったものもありますし、現役から使っていたものもあります。
結局自分が使えるものをやるということなので、現役浪人は関係のないことだと思いますよ。


模試は、模試についてという記事を参考にしてほしいです。
模試は受験のプロが厳選した問題なわけですから、模試に合わせるのは悪くないと思いますよ。

そして、なにより、復習に時間を注いでくださいね(これだけでも、学力がぐーーーんとあがります)

詳しくは模試についてを見てください
  1. 2014/10/30(木) 23:38:57 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/10/30(木) 23:56:38 |
  2. |
  3. - #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/04/01(水) 23:40:12 |
  2. |
  3. - #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gokakujuken.blog.fc2.com/tb.php/14-fc4f7c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。