医学部受験合格勉強法

医学部志望者の受験勉強に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古文 注意点


お約束した通り、古文の正解選択肢を見極めるのに非常に役立つ方法を書きたいと思います。


選択肢の選び方は、現代文と一緒で、
簡単におさらいするとまず正解となる部分を見つけ、その部分を言い換えて選択肢と対応させるというものでした。


そして、古文の場合には、現代文にはないある特徴を持っています。

それは、古文単語と文法でしたね。(詳しくは、前の記事をチェック)

なので、正解となる箇所から正解選択肢を考える際、古文単語や文法というものはかなりの手掛かりになるのです。

例えば、正解となる部分に助動詞の「めり」が入っていた場合、選択肢には「~のようだ」といった内容の表現が入っていなければなりません。

たーーは今、選択肢に入っていなければいけませんとかきました。
ここが重要。

つまり、間違いの選択肢は助動詞の「めり」のニュアンスが含まれていません。

この方法を使えば、消去法で答えを3から2には絞れますし、場合によってはこれだけで答えが決まってしまうこともあります。

もう一つの例を出します。

正解の箇所に古文単語である「すさまじ」というものが入っていたとします。もちろん、すさまじいという意味ではなく、古文では興ざめという意味になります。

そこで、選択肢を見てみるとこの興ざめというニュアンスが含まれていないものは間違った選択肢なのだという判断ができます。


つまり、選択肢吟味をするにあたって、正解となる箇所の古文単語と文法を見て、選択肢と照らし合わせると答えが絞り込めるということです。
そしてこの古文単語と文法によって選択肢をチェックする箇所が多いほど確信をもって正解ということができるのです。

一つで正解の確信が得られなかったら、選択肢の別の単語や文法箇所で照らし合わせてみるということです。

古文勉強において、古文単語と文法をしっかりやれというのはこういった理由です。


どうでしたか。
これから、古文も勉強していくと思いますが、
古文の勉強の際、正解箇所の単語文法を気にしてみてくださいね。

  1. 2012/06/17(日) 04:20:54|
  2. 国語
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<国語を勉強しよー(古文編) | ホーム | 模試について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gokakujuken.blog.fc2.com/tb.php/31-3cbfc0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【古文 注意点】

お約束した通り、古文の正解選択肢を見極めるのに非常に役立つ方法を書きたいと思います。選択肢の選び方は、現代文と一緒で、簡単におさらいするとまず正解となる部分を見つけ、そ...
  1. 2012/06/20(水) 21:57:53 |
  2. まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。