医学部受験合格勉強法

医学部志望者の受験勉強に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英語を準備しよー 2 (単語編)

じゃあ今日は英単語について書いていきますね。

結論を言いますと、英単語は知っていれば知っているほどよい。つまり、英単語マニアであることが望ましいと思います。

しかし、受験は限られた時間に仕上げていかなければなりません。


ちなみに私は英単語はかなり覚えました。12000語レベルぐらいはやりました。

例えば、chromosome 染色体 membrane 細胞膜 なども覚えました。

(医学部に入ればいやでも覚えることになりますが・・・・)

では、話を戻すとどこまでやればよいか。

最低ラインは6000語レベル。ただこれでは、本番の入試で英語はしのぐといった戦いになると思います。

後もう一つ重要なことですが、一つの単語帳だけやるのは絶対ダメ!

他の勉強に関しては一つの参考書に集中してやるというのはよいかもしれません。

しかし、単語に関してはいくつかの単語帳をやっていくことで、定着率が断然に違いますし、単語の意味が固定化されずに、単語のイメージを持つことができます。


さらに注意することとして、
やる単語帳の一つは絶対に音源つきのものを選ぶです。

学習効果が全然違いますし、受験追込み期に最後の手段として発音問題をやらなくてよいといったメリットもあります。



実際に私が使っていた単語帳は、










私は、これらの単語帳の内容全部覚えました。

ただ、時間の問題とか、暗記の得意不得意もあると思いますので、最低ラインとして、キクタン4000、6000とシステムをやればよいと思います。あくまで最低ラインですが。

これらすべてにCDがついています。

私はキクタンをメインに使って、ほかの単語帳で、キクタンになかった単語を補いました。

単語は通学時間と寝る前にやるのがよいかと思います。

寝るときに記憶が定着します。


私は、寝る前にキクタンを流して、単語のスペルを目で見て、実際に発音をする

これで、結構次の朝に単語が定着しています。そして、絶対人それぞれ覚えにくい単語があると思います。それを通学中などにやります。覚えるまでやります。夢に出てくるまでやります。

医学部に入る人は、もともと学力が高い人はほとんどいません。

ただ、こう言った努力を続けることができた人たちが、私も含め現在医学部にいるのです。

ではでは、次回は英語長文読解について準備していきましょー。
  1. 2011/07/20(水) 11:29:28|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<英語を準備しましょ(文法編) | ホーム | 英語を準備しよー 3 (読解編)>>

コメント

寝る前に何語確認していましたか?
  1. 2013/01/07(月) 18:02:33 |
  2. URL |
  3. ? #-
  4. [ 編集 ]

英単語の覚え方なんですが
僕はいつも初めて見る単語は
例えばguitarをグイター

みたいな感じで覚えていて、この覚え方に慣れてしまったのですが、

最近、発音で覚えた方がいいのかなと思い、その方法でやって見たんですが、結構時間がかかってしまいました。こういう場合はこの方法に慣れるべきですか?

それともローマ字読みで覚えてあとから発音をフォローするみたいな感じでもいいんですかね??
  1. 2013/09/21(土) 01:22:57 |
  2. URL |
  3. ☆〜(ゝ。∂) #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

☆〜(ゝ。∂)さんへ

英単語の発音は正しく覚えるのがよいかと思います。

受験でも、センター試験などで発音の問題が出ます。
ただし、あまり多くは出ないです。

受験で、発音は配点が高くないので、なんとかごまかしごまかし、医学部に合格することはできるのかもしれませんが、それはあまりよろしくないと思います。


例えば、医者になってから、英語圏の医者と関わったり、留学をしたくなったりした時に困ることになりますし、研究をしたい場合でも、海外の大学で学ぶ医者はたくさんいます。


☆〜(ゝ。∂)さんは、受験生なので、どうしても受験だけのことを考えてしまうと思いますが、自分の人生を考えるのならば、受験の先も考えてみてください。

よく現役のドクターに、

研究をするのならば、英語と統計はできるようにしておけと

言われます。



英語を受験を乗り切るための手段ととらえるよりも、

医者としてのスキル向上

そして、それ以上に、海外の人とコミュニケーションが取れる手段としてとらえると

良いのではないかと思います。(もちろん、これは、たーーーの意見ですが・・・・)


たーーーは、英語の勉強時間以外にも、お風呂で簡単な洋楽(カーペンターズやビリージョエルなど)を歌って、日本語を瞬時に思い浮かべるということをやっていました。

これは、英語を受験科目としてではなくて、純粋に将来ある程度の英語をしゃべれるようになりたいと考えていたからです。なので、英語は勉強していて苦痛に思ったことはなく、現役時、苦手だった英語が、浪人をして得意科目になっていました。

せっかくやるのなら、受験科目としてやるのではなくて、将来のためと思ってやってみてはいかがでしょうか
  1. 2013/09/22(日) 21:26:41 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gokakujuken.blog.fc2.com/tb.php/6-b5cc7e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。