医学部受験合格勉強法

医学部志望者の受験勉強に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理科を準備しましょー(化学編)

さて、化学を準備しましょー。


私の理科に対する基本スタンスは、物化生問わず一緒です。

一 ほかの教科に比べて点が取りやすい科目になっていることが多い

二 一度身に着けると、学力を維持できる

三 センターで良い点を取りたいなら、センターと二次試験を区別せずに勉強せよ



それ故に、医学部受験者の上位層は理科で崩れることはあまりありませんし、みなさんも理科をきちんとこなさなければなりません。

さらに、ほかの教科についてもいえることですが、理科は基本的な知識が抜けていると、考察問題や応用問題などが解けないです。例えば、

生物では、生物用語は完璧にしなければなりません。

化学ならば、第三級アルコールは酸化されにくいといったことが反射的に出なければなりません。

物理ならば、公式はもちろんのこと、回折とは何かといった、物理現象について知らなければなりません。



そこで今日は化学は何をやればよいのか紹介していきます。


使う問題集は、セミナー化学 1+2です。

まずは、基礎を固めましょう。






それと、すべての理科に言えますが、参考書としてチャートを買ってください。

これはほんとお勧めです。

私もこれで偏差値が70まで上がりました。




今の段階は、これでOKです。むしろこれを完璧にこなせば医学部でも十分に戦えます。

後に、さらなるレベルUPしたい人用に、実戦化学1・2重要問題集 2011を紹介していく予定です。

ちょいむずです。これができたら、入試本番でも9割はかたいです。

まあ、セミナーを完璧にするだけでも十分戦えますがね。



次回は生物について書きたいと思います。

  1. 2011/07/21(木) 12:38:16|
  2. 化学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<英語を準備しよー 3 (読解編) | ホーム | 理科を準備しよー(生物編)>>

コメント

こんにちは( ^o^)ノ
1ヵ月前からブログを参考に勉強をしています♪

質問があります。
ブログに書かれている「セミナー化学」を購入しようと本屋さんに行ったのですが、本屋さんにはなくて、取り寄せのみ みたいです。しかし「セミナー化学」の問題集のみしか取り寄せられないそうです。学校用の教材なので解答がついていないみたいです。

解答がないのなら、購入しない方がいいですか?(><)
  1. 2013/03/13(水) 12:09:07 |
  2. URL |
  3. さな #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さなさん、こんにちは。

別冊の解答がないのならば、セミナー以外の問題集をやるべきだと思います。

セミナーは解説は普通ですが、問題がよくまとまっているので一冊やりこむだけで医学部に対応できる実力が付く良書です。

ただ、解答が手に入りにくいのですね・・・・知りませんでした。

アマゾンを見てみたところ、3000円で別冊解答付の出品がありました。
3000円は高く感じますが、セミナー一冊で化学の問題集は終わりと考えると買ってもよいかと思います。
セミナー(問題集)の中身を見て、検討してみてください

後、学校に相談してみて購入できたという人もいるようです。
一度、相談できる先生にきいてみるのも手かと思います。

大手予備校においていることもあるので、見てみてください。
  1. 2013/03/13(水) 15:12:08 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

おはようございますヽ(^0^)ノ

セミナー化学の解答付の問題集は
アマゾンで買えるんですね^^
一冊をやりこむだけで医学部の受験に対応できる良書なのですね♪
手に入りにくいですが、、、
オススメされているセミナー化学の問題集で勉強しようと思います!

あと、もう一つ質問があります。
4月から予備校に通うか悩んでいます(>_<)
駿台の医学部進学コースの入塾の認定はもらえたのですが、まだまだ基礎学力がないので、授業についていけるのか不安です。
基礎学力をつけてから
予備校に通った方がいいのかなって思ってしまいます。
医学部を受験するならば、独学では厳しいでしょうか?(; ;)




  1. 2013/03/14(木) 10:31:20 |
  2. URL |
  3. さな #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さなさんへ

セミナー使ってもらえるとうれしいです。(別にセミナーの回し者ではありませんが・・・・)


予備校についてですが、高校生ならば無理に行く必要はないかと思います。浪人であるならば、予備校には通うのがよいと思います。ブログにも書きましたが、医学部受験においては、周りの母集団についていくということが重要になってきます。なので、予備校は、講義をする役割のほかに、周りの医学部志願者の様子がわかるといったメリットがあります。たとえ知り合いがいなくてもです。

浪人時、たーーーもさなさんと同じように、医学部コースの認定はもらいましたが学力が伴っていない状態でした。特に、数学はテキストを見ると難しく感じました。けれども、そんな状況でたーーーがうまく受験を乗り切れたのは、理解するまで講師へ質問したということと、取り扱った内容の問題を適時黄色チャートでやり、基本を身に着けていったからです。

よく、予備校の授業とこのブログの勉強法両方することは可能ですかといった質問を受けますが、実際予備校の授業を全部聞いているとそれだけで一日を使うことになります。(他社との競争で予備校のサービスが過剰になってしまっているからです)なので、たーーーはあらかじめ出る教科を決めていました。数学と英語(読解)とセンター国語です。たーーーの場合は、ほかの教科は自分でやったほうが効率が良かったです。特に社会は、90分(駿台なら50分)授業は長くて効率が悪い気がしました。なので、独学は可能かといった質問に対しては、教科によると思います。ただ、予備校に在籍していると、それぞれの教科を講師に質問できるので、たとえ社会であっても分からないことがでたら質問することができますし、そういった意味でも予備校は強いです。高校生ならば、学校の先生でもよいですが・・・・・

結局、お金もかかることですが、予備校に行くことができるといった選択肢がある以上、さなさんが行きたいか行きたくないかだと思います。

たーーーは、特にアドバイスできなくて申し訳ないですが、上に書いたことを参考に自分で決めてもらえればと思います。
  1. 2013/03/14(木) 17:59:00 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは(^O^)/

医学部への進学を決めてから1カ月になりますが、たーさんオススメの参考書で勉強をしてい
て、どれもとても良書でわかりやすいです。
なのでセミナー化学で勉強します!

私は、社会人です。
お金がなかったので、高校を卒業してから大学への進学費用を貯金していました。
それで去年、お金が貯まったので看護学校への進学をしようとしていました。進学の前に、婚約者と結婚をしてからの進学予定でした。
ですが、去年の結婚する日に事故で婚約者を亡くしました。幸せになる日のはずだった日だったので、とてもショックでしばらく寝込んでいました。
そんなときに、たーさんのブログを見つけました。とにかくコツコツ努力をすれば、医学部に行けるんだという事が書いてあり、それを見てとても勇気が出てきて、たくさんたくさん悩んで医者になりたいと決めました!

長々と余談をしてしまいました…すみません
(:_;)

たーさんも最初は学力が伴っていなかったのですね。少しホッとしました(^^ゞ
医学部を一緒に目指す仲間ができたり、先生に教えてもらえるので予備校へ通いたいと思います!
たーさんが医学部進学コースに通っていたときに、クラスですごく成績の悪い人はいましたか?成績が悪いとやめさせられたりしないか心配です(>_<)苦笑
予備校の先生に相談したら、医学部進学コースではなく、国公立理系進学コースにして基礎から徹底的に勉強する事を勧められました。
医学部を目指すクラスで自分を高めながら勉強をするのか、国公立理系を目指すコースで基礎から勉強するのか…
たーさんなら、どっちのコースにしますか??\(゜ロ\)


  1. 2013/03/16(土) 14:57:41 |
  2. URL |
  3. さな #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さなさんへ

予備校の生徒は、本当にさまざまですね。上を見てもきりがないですが、下を見てもきりがないです。(ひどい場合、夏までに生徒の半分が授業に来なくなります)
ただ、たーーーが、一つ言えるとしたら、背伸びをするよりも、自分の学力に合わせて、目の前のことをゆっくりでもいいからコツコツと継続することによって知らないうちに自分が上にいたということです。

場所にもよりますが、医学部コースのクラスの半数以上が、明らかにテキストの内容についていけずに消化不良になってしまいます。ブログのはじめの方の記事でも書きましたが、医学部受験者の大半はこの状態です。

たーーーの個人的な見解ですが、医学部コースのテキストの問題は医学部入試においての稍難しいから難しいといったレベルの問題が収録されているように思いました。そして、実際に医学部入試を受けてみて思ったことは、確かに医学部コースのテキストの問題は出ていましたが、受験者のほぼ全員が完答できないので、完答する必要がないということです。合格するには標準レベルの問題を反射的に解くことができるといったことがより重要なことです。医学部コースのテキストの問題は、難しいので完答できずに、部分点をいかにしてとるかというところが大きいような問題が多いです。(もちろん、絶対解けないといけない問題もありますが・・・)

そういった意味では、予備校の先生に勧められたハイレベルの理系国公立コースのテキストを理解するほうが、医学部コースのテキストを消化不良にしてしまうよりも良い気がします。

ただ、その選択をする場合は理系コースのテキストを完全に理解しなければならないかと思います。たーーーは普段、完全や完璧という言葉は避けるようにしていますが、この場合は完璧にするといったレベルが求められます。

あくまでも、さなさんが決めるための一つの意見としてなので、たーーーならばどちらのコースにするかというのは決めることができません。予備校には受験のプロがたくさんいるので、もう一度相談してみて、さなさんがどうしたいかで決めるとよいかと思います。

そして最後に、医学部は様々な経歴や様々な志望動機で入ってくるので、面白い学部だと思います。もちろん医学という学問も面白いです。さなさんも医学に関して思うことがいろいろあるかと思います。是非とも医学部に入って、違う立場からの医学をみてほしいなと思います。
  1. 2013/03/17(日) 00:41:54 |
  2. URL |
  3. たーーーーーーーー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gokakujuken.blog.fc2.com/tb.php/8-bb9f4ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。